公共斎場のご案内

公共斎場を利用した定額葬儀のご案内

このサイトは、東京都、埼玉県、千葉県、茨城県を中心とした各区市町村に存在する公共斎場を利用した定額葬儀の提案を主目的に株式会社アートエンディングが運営しております。公営だけでなく、民間の斎場も多数ご案内いたしております。

もっとも不透明と言われる費用の面で、お客様に分かりやすくかつ低額での葬儀施行が可能というのを当サイトをご覧いただければお分かりいただけると思っております。

そして何より葬儀会社の直接のサイト運営により、中間コストを最大限抑えたお客様へのサービスのご案内を成功させております。

公共斎場ならではの利点

葬儀の式場は、大きく分けて2種類あります。ひとつは葬儀会社が直接管理しているホール。もうひとつは、公営または民間の貸しホールです。ここでいう公共斎場とは、後者の貸しホールのことです。

東京を中心とした首都圏の公共斎場のほとんどは、火葬場が併設されている施設になります。その分、霊柩車やハイヤー、マイクロバスなどの費用がかかりません。郊外の埼玉や千葉、茨城では斎場に祭壇が常設されているところがほとんどになります。

そして、イスやテーブル、仏具などまでも揃っている場合もあります。ご遺族からしてみれば、どこで葬儀を行うよりも最低限の費用に抑えることができます。そこが公共斎場を使う一番大きなメリットだと言えます。

全て当社の社員による葬儀の施行

最近は、インターネットなどが代表されるように、情報をいつでもどこからでも手に入れることが容易になってきました。その為、その窓口としてサイトを運営するだけで、実際のサービスの提供を近場の葬儀会社に任せるという仕事のやり方をするところが出てきました。

確かに、それもひとつのやり方ではありますが、当社はどこの現場でも打ち合わせから自社の社員による葬儀の施行にこだわります。

コンセプトを共有している担当者が、ご遺族の気持ちを察し滞りのない葬儀をお手伝いいたします。

定額とは

お葬式と結婚式は人生の2大イベントとして語られますが、お葬式が後者と大きく違うのは突然おとずれるということです。しかも気が動転しているときに葬儀会社を決め、葬儀の打ち合わせをしなければなりません。以前から付き合いのある信頼のできる葬儀会社があれば良いのですが、実際なかなか無いのが現状だと思います。そうなると、ご遺族が自分で探さなければなりません。

そこで一番気になるのが、いったい総額でいくらかかるのかということではないでしょうか。その総額を葬儀代金(祭壇含む)、通夜・告別式の料理、お返し物、式場使用料(待合室含む)、火葬料といったご遺族にとって葬儀に関連する全てのお支払い金額が定額であれば、安心して依頼することができます。

各斎場ごとの総額プランで対応させていただきます。40名様と100名様の場合での費用を基本に、万が一人数の変更がある場合でもそれに合わせたお見積もりをいたします。不明確な詳細は、一切ございません。

もしもの際

もしもの際


© 2006 - koukyou-saijo All Right Reserved.